サイトマップ

一陸特 過去問1級陸上特殊無線 難易度特殊無線技士 勉強

1陸特ワールドへようこそ

一級陸上特殊無線の取得者数の将来予測です


∞ 九州総合通信局 管轄区域 ∞

無線技士 合格のために・・・
 福岡県の生産年齢人口は約325万人で全国第9位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は64.2%と比較的高く、これは全国第11位となっています。
 そして生産年齢人口の減少率は5年間で2.17%と比較的低く、全国第9位に位置しています。5年間で約20万人の生産者が何らかの理由で福岡県を離れているか老齢化しているのです。
 従って1陸特の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや上回って推移することが予想されます。

福岡県 第一級陸上特殊無線技士
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
173
170
168
166
165
163
162
161
160
159
157
156
155
154
153
151
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
150
148
147
145
143
141
139
137
134
132
129
127
125
123
121
119
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
117
116
114
113
111
110
108
107
105
104
103
102
101
99
98
97


第一級陸上 合格のために・・・
 佐賀県の生産年齢人口は約52万人で全国第42位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は60.9%と平均水準よりやや低く、これは香川県や福井県と並んで全国第28位となっています。
 そして生産年齢人口の減少率は5年間で6.56%と比較的低く、全国第13位に位置しています。5年間で約3万人の生産者が何らかの理由で佐賀県を離れているか老齢化しているのです。
 従って1級陸特の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや上回って推移することが予想されます。

佐賀県 第1級陸上特殊無線
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
27
27
27
26
26
26
26
26
25
25
25
25
25
24
24
24
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
24
24
23
23
23
22
22
22
21
21
21
20
20
19
19
19
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
19
18
18
18
18
17
17
17
17
17
16
16
16
16
16
15


陸上特殊無線 合格のために・・・
 長崎県の生産年齢人口は約86万人で全国第29位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は60.4%と比較的低く、これは愛媛県や鳥取県と並んで全国ワースト12位となっています。
 更に生産年齢人口の減少率は5年間で8.54%と比較的高く、鳥取県や富山県と並んで全国ワースト13位に位置しています。5年間で約7万人の生産者が何らかの理由で長崎県を離れているか老齢化しているのです。
 従って陸特一級の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや下回って推移することが予想されます。

長崎県 1級陸上特殊無線技士
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
46
45
45
44
44
43
43
43
42
42
42
41
41
41
40
40
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
40
39
39
38
38
37
37
36
36
35
34
34
33
32
32
31
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
31
31
30
30
29
29
29
28
28
28
27
27
27
26
26
26


第一級陸上特殊 合格のために・・・
 熊本県の生産年齢人口は約110万人で全国第23位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は60.6%と平均水準よりやや低く、これは徳島県と並んで全国第32位となっています。
 そして生産年齢人口の減少率は5年間で6.69%と平均水準よりやや高く、全国第16位に位置しています。5年間で約7万人の生産者が何らかの理由で熊本県を離れているか老齢化しているのです。
 従って1陸特の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや下回って推移することが予想されます。

熊本県 第1級陸上特殊無線技士
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
59
58
57
56
56
55
55
54
54
54
53
53
52
52
52
51
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
51
50
50
49
48
48
47
46
45
44
44
43
42
41
41
40
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
40
39
39
38
38
37
37
36
36
35
35
34
34
34
33
33


第1級陸上 合格のために・・・
 大分県の生産年齢人口は約72万人で全国第34位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は60.3%と比較的低く、これは全国ワースト11位となっています。
 そして生産年齢人口の減少率は5年間で7.33%と平均水準よりやや高く、全国第28位に位置しています。5年間で約5万人の生産者が何らかの理由で大分県を離れているか老齢化しているのです。
 従って陸特一の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや下回って推移することが予想されます。

大分県 第1級陸上特殊無線
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
38
38
37
37
37
36
36
36
35
35
35
35
34
34
34
34
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
33
33
33
32
32
31
31
30
30
29
29
28
28
27
27
26
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
26
26
25
25
25
24
24
24
23
23
23
23
22
22
22
21


特殊無線 合格のために・・・
 宮崎県の生産年齢人口は約68万人で全国第36位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は60.2%と比較的低く、これは全国ワースト10位となっています。
 そして生産年齢人口の減少率は5年間で7.45%と平均水準よりやや高く、全国第29位に位置しています。5年間で約5万人の生産者が何らかの理由で宮崎県を離れているか老齢化しているのです。
 従って陸特1級の実際の取得見込者数は上記のグラフをやや下回って推移することが予想されます。

宮崎県 一級陸上特殊無線
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
36
36
35
35
35
34
34
34
34
33
33
33
33
32
32
32
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
32
31
31
31
30
30
29
29
28
28
27
27
26
26
25
25
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
25
24
24
24
23
23
23
22
22
22
22
21
21
21
21
20


第1級陸上特殊 合格のために・・・
 鹿児島県の生産年齢人口は約102万人で全国第24位です。県内総人口に対する生産年齢人口比は59.8%と低く、これは和歌山県と並んで全国ワースト7位となっています。
 一方で生産年齢人口の減少率は5年間で7.27%とほぼ平均水準で、全国第26位に位置しています。5年間で約7万人の生産者が何らかの理由で鹿児島県を離れているか老齢化しているのです。
 従って一級陸特の取得見込者数は上記のグラフをほぼ踏襲して推移することが予想されます。

鹿児島県 第1級陸上特殊無線技士
年度
平成25年
平成26年
平成27年
平成28年
平成29年
平成30年
平成31年
平成32年
平成33年
平成34年
平成35年
平成36年
平成37年
平成38年
平成39年
平成40年
取得者数
54
53
53
52
52
51
51
50
50
50
49
49
49
48
48
48
年度
平成41年
平成42年
平成43年
平成44年
平成45年
平成46年
平成47年
平成48年
平成49年
平成50年
平成51年
平成52年
平成53年
平成54年
平成55年
平成56年
取得者数
47
47
46
46
45
44
44
43
42
41
40
40
39
38
38
37
年度
平成57年
平成58年
平成59年
平成60年
平成61年
平成62年
平成63年
平成64年
平成65年
平成66年
平成67年
平成68年
平成69年
平成70年
平成71年
平成72年
取得者数
37
36
36
35
35
34
34
33
33
33
32
32
32
31
31
30


北海道総合通信局
東北総合通信局
関東総合通信局
信越総合通信局
北陸総合通信局
東海総合通信局
近畿総合通信局
中国総合通信局
四国総合通信局
九州総合通信局
沖縄総合通信事務所


サイトTOPへ戻る

1級陸特 合格率
第一級陸上特殊無線


ichi_rikutoku_world【あっと】yahoo.co.jp
最終更新:平成29年8月11日